破魔矢でこどもの健やかな健康を祈る、家庭にあったものを選ぶ

6年付き合うために知っておきたいランドセルの知識

破魔矢の知識

購入できる場所と価格について

破魔弓は主に破魔矢とセットにして売られているもので、どちらも正月の縁起物として寺院や神社などで購入することができます。一方で魔除けとしての性質も持ち合わせるため家屋の上棟式や新生児の初節句などに贈られることもあります。寺院や神社で売られているものは、その種類によって値段も大きく異なってきますが、破魔矢も破魔弓も安価なものでは1000円から1500円程度で購入することができます。一方で初節句などに贈られる破魔矢と破魔弓のセットは五月人形や雛人形などを扱っているところで購入することが可能です。この場合の破魔矢と破魔弓のセットはケースに入った立派なもので、価格も2万円以上するのが一般的で、多くは破魔矢、破魔弓のほか刀がセットになっています。

破魔弓の歴史について

破魔矢も破魔弓も、その性質としては魔除けを目的としたものであり、古くから使われており、現在でも日本の風習として日本各地で広く利用されているものです。もともと日本では呪術を掛けるということは少ないものの反面で呪術に対抗する破邪や悪いことを打ち払うといった習慣があり、それがこの破魔矢や破魔弓につながっています。特に破魔矢は矢の形をしていますが、先端は尖っていないのが特徴で、これは人を殺傷するのではなく邪魔を打ち払うという性質のものだからです。一般には破魔矢のみの販売が行われていますが、破魔弓により射られることによって、破邪の効果があるとされています。なお、破魔矢を飾る方向としてはその時々の凶方向に飾るのが一般的です。